新着情報 サイトマップ
HOME プロフィール こばやし鷺游 書道作品 書道教室のご案内 筆文字ロゴデザイン

HOME > 書道教室のご案内> 書道教室日誌> 書道教室日誌2012.5.16

墨娯書道教室

書道教室日誌2012.5.16

Tシャツ一枚で過ごせるほどの夏日となった、五月の水曜日でした。このところ、天候が不安定ですが、久しぶりに一日を通してほぼ晴れでした。

 

在籍の生徒さん五名に、土曜日の振替の生徒さん一名を含めて、六名ご出席の教室でした。この日から行書に入った生徒さんが二名居られました。楷書と行書の大きな違いは連綿です。一文字の中の一画一画、そして文体としても連綿を具体的な実線としても書いていきます。もちろん、楷書の一文字の一画一画の間にも、意連といって、気持ちをつなげるように書いていく必要があります。行書は意連に加えて、連綿線で一画一画をつなげて書いていきますので、書体としては楷書に比べて、曲線を多用した流暢さを表現する書体となります。

 

曲線を意識しての筆運びとなりますので、楷書と特に違う点としては、筆の上下運動と運筆の動きが同時に行われるように書いていきます。楷書の場合は、運筆→停止→筆の上げ下げ→角度を変える、といったように、いったん停止したのちに次の運動に切り替わるのですが、行書の場合は、速度は変化させるものの、動きは止めずに、あくまでも一線一線が連なっているように書いていくのです。

 

書道歴のない多くの方は行書の経験がないことがほとんどで、どうしても楷書のような筆遣いになりがちです。何度も練習を重ねるのちに、行書の筆遣いのコツがつかめてくるものですので、がんばりましょう。作品創りには行書の筆遣いの習得が必須となります。

 
 


HOME